So-net無料ブログ作成

出張買取り&レンタルのご案内

茶道具に限らず、収集品の整理、お引越しの際の不要品、お家[家]の解体時の道具処分など
お気軽にご相談ください[exclamation×2]

買取りの一例

茶道具(流派問わず) 茶碗、棗、釜、棚など
鉄瓶 錆びていても大丈夫です
漆器 贈答品なども
掛け軸 シミやヨゴレがあってもOK

古道具・雑貨・書画・タンス・着物類・古書等

出張費無料地域:船橋市、市川市、松戸市、柏市、習志野市、千葉市、八千代市、成田市、鎌ケ谷市、浦安市

その他の地域(千葉県全域)は交通費をご負担いただく場合がございます。
買取りの品物(量)にもよりますので、詳しくはご相談させていただきます。

また、レンタルもしております。
季節限定の茶道具、お茶会やお茶事の道具類のレンタルはいかがですか?
現在は千葉県内に限らせていただいております。

メールにてお気軽にお問合せ・ご相談ください[わーい(嬉しい顔)]
odoguya_suijaku@yahoo.co.jp

よろしくお願いいたします。

お道具屋 翠雀

千葉県公安委員会許可 第441170000674号

お待ちしております.jpg
前の10件 | -

一筆箋にお道具愛を添えて [お道具屋のしごと]

こんにちは 翠雀です。

梅雨の晴れ間が広がって、気持ちの良い朝です。

ミニバラが一斉に咲きました。

ミニバラ.JPG

春に植えてから、2度目の開花です。 ミニバラは四季咲きが多いようですので、この先も楽しみです。

庭の唯一の木である桑には沢山の実が成っています。

桑の実.JPG

明るくなると小鳥たちが羽音を立てながらついばんでいます。
私も鳥の食べ残しを毎日少しずつつまんでいます。

桑の実2.JPG

甘くて美味しいですよ。

宗旦むくげが今年初めての花を咲かせました。

宗旦ムクゲ.JPG

挿し木から育てて、先日鉢から庭に植え替えましたが、無事に根付いたみたいです。

もう庭に雑草が茂ってしまい、週末は草刈り機の出番です。
その前に庭の点検。

思わぬところから思わぬ植物が芽をだしている事があるからです。

ルピナス.JPG

春に植えたルピナスに大きな種ができまして、それは大きな枝豆みたいな感じなのですが
いつの間にか弾けて飛んでいるのです。

ルピナスから2メートル位離れた草むらから芽を出していました。
花壇に連れ戻さねばなりません。

さて、本題の一筆箋。
すっかりメールの時代になりましたので、手紙を書く事って減りましたよね。
手紙だけでなく、文字を書く事じたい減っているように思います。

時々申請書とか申込書とか手書きする時に、自分の字がヘタになっていてビックリする事があります。
漢字も忘れてしまうし・・・[ふらふら]

そんな私が字を書く機会は、お道具を発送する時に同封しているお手紙です。
手紙という程のものではなく、ご挨拶程度ですが必ず添えるようにしています。

P6223872.JPG

100円ショップのものですが、色々と取り揃えています。
お買い上げのお礼とお道具について一言書いて、封筒に入れるようにしています。

そんな事を仕事仲間に話しましたら、
「その労力が次につながるの?」 と。

まぁ、今のところリピーターさんはいませんので次につながっているかというと否ですね。

自己満足かもしれませんが、私がお道具にしてあげられる最後の事ですからね。
お嫁に出す親の気分で、嫁ぎ先で大事にしてもらえるように、その為に大事に送り出したいのです。

日めくり格言集みたいなのを昔もらいまして、最近朝めくるようになったのですが

日めくり.JPG

ね、お道具にもきっと心があるのです。

今日もお買い上げありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

良い週末をお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うちわ 使っていますか? [お道具紹介]

こんにちは 翠雀です。

昨日は夏至、昼間の時間が一年で最も長い日でした。

梅雨寒という言葉もあるので、夏に至るといわれても夏の実感はまだまだですが暑い日もありますね。

先日の市場では、室内が暑くて午後はグッタリ[ふらふら] エアコンなどという素敵なものはありませんのよ。
スタッフの方にうちわを所望しましたら、みなさんに配ってくれました。
一斉にパタパタあおぎだしたので、おかしくなって笑ってしまいました。白い蝶がヒラヒラ飛んでいるみたいでした。

その時仕入れたお道具の中に、京うちわがありましたのでご紹介します。

京うちわ.JPG

京都の老舗・阿以波(あいば)製のうちわです。
片透かしといって、片面に透かし模様が入っています。 両面透かしになると、実用というより飾りうちわになりますね。

青かえでが涼しげで素敵です。

そこにこのようなリーフレットが入っていました。

うちわ 画賛.JPG

印刷ですが、表千家13代の即中斎宗匠の和歌が添えられています。

    つかわれて 骨は折れても腹立つな うちわとなれば 他人ではなし

江戸の狂歌に似たような歌があるようなので、本歌取りかしら・・・?

ともあれ、なんだか団扇が健気に思えてきました。 優しく扱いたいですね。

うちわや扇子を使う時、いつも父の小言が頭をよぎります。
「そんなにパタパタせわしなくあおぐんじゃない! 見ている方が暑苦しくなる!」

なので、つとめて静かにゆっくりとあおぐように心がけています。

生活の中に取り入れたいものをもう一つご紹介します。

蚊遣り.jpg

先日伺ったお茶席に置かれていた蚊遣りです。
陶器製で中に蚊取り線香が焚かれていて、風情があって素敵でした。

こういうのがあると、夏が楽しみになります。

今年は蚊帳を吊ってみようかしら。 実家でデッドストックになっていた蚊帳をもらって来たのです。
しつけ糸が付いたまま、ホントのストック品です。
吊れたらまたご紹介しますね。

今日も良い一日をお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

魚を捌く イワシで作る翁鮨 [魚を捌く 魚を食す]

こんにちは 翠雀です。

梅雨ですね。 湿度が高くて何もかもがジメジメしています。

雨が上がると洗濯したり、窓を開けて換気をしたり。

スズメちゃんも雨上がりには

羽を干す雀.JPG

羽を広げて乾かすのですね、こんな姿もカワイイ[ハートたち(複数ハート)]

さて、梅雨時の食べものといえば何を思い浮かべますか?

今回挑戦したのはこちら。 1匹90円でした。

入梅鰯.JPG

入梅鰯とか梅雨鰯、関西では金太郎などと呼ばれるそうですね。
旬を迎えた鰯を使って、翁鮨(おきなずし)を作りました。

手開きでも良いと思いますが、見た目を重視して3枚おろしにしました。
塩をした後、酢で軽くしめます。

鰯の酢〆.JPG

皮を剥いた状態です。
銀色に旨み成分があるとの事なので、銀色を残すように丁寧にむきます。
銀色の下には白く脂がのっています。

とろろとガリ.JPG

とろろ昆布とショウガの甘酢漬けを千切りにしたものを用意します。
ショウガは市場の先輩が育てたものをいただいたので、甘酢に漬けておいたものです。

巻き簾の上にラップを敷いて、とろろ昆布、鰯、ショウガ、酢飯の順に重ねて形を整えます。

翁鮨2.JPG

翁鮨3.JPG

30分位なじませて、ラップごとカットしたら完成。

翁鮨4.JPG

一口サイズのお鮨です。
とろろ昆布を白髭に見立てて翁です。 長寿のお祝いの席などに良いですよね。
一本だけ作って、残りの鰯はお刺身としていただきました。

鰯と一緒に買ったものは

新潟の鮭.JPG

佐渡で養殖されているようです。 鮮度も良く、何と言っても安心。
家族が輸入の鮭に抵抗があり、日本の鮭にして欲しいと言うので、我が家では鮭の登場は季節限定です。 この時季にも食べられて嬉しいです。

もう一つ、はじめまして~のエビちゃん。

ガサエビ.JPG

ガサエビというそうです。
これも日本海側で、しかも少量しか獲れない幻のエビだそうで、それを聞いたら即買い~[わーい(嬉しい顔)]

帰宅してすぐに試食。

ガサエビ2.JPG

甘エビより車エビに近い食感。 そして甘くて美味し~い。
カニエビ貝類大好き[黒ハート]

大き目のを生でいただき、頭と小さ目のエビは軽く粉をはたいて揚げました。

頭もぜんぜん固くなくて、生と甲乙付けがたい位美味しいです。

糖質を気にして、手巻き寿司をずっと我慢してきましたが
3年振り位に手巻きをお腹いっぱい食べてしまいました。

海苔と酢飯の組合せって罪です[あせあせ(飛び散る汗)]

この記事を書いていたら、また食べたくなってきました。
鰯もぜんぜん臭みもなかったので、つみれ汁など挑戦してみたいです。

ライン.jpg

大阪を中心とした地震により、大きな不安の中で過ごしている方が沢山いらっしゃると思います。
非日常の中にいながら、いつも通りの仕事をこなさなくてはならない方もいらっしゃるでしょう。

私自身の経験から言葉を探しても、当時の事を思い出して涙がにじむだけです。
自分が思う以上にショックを受けていることがあります。

自分の心を真綿でくるむような時間が作れますように。

P6203842.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リンちゃんより [うちのネコ]

こんにちは リンちゃんです[猫]

今日はアタシがブログを書くからヨロシクお願いシマス。
どうしてかっていうと、アタシがこの家に来てちょうど2ねんがたったからなの。

その時のことはママちゃんがブログに書いているから、おひまな時に読んでね⇒当時の記事へ

‘ママちゃん’っていうのは、アタシを生んだママネコと区別しているらしいの。そう呼べっていうんだもの。

この写真は救出された次の日。病院で健康診断を受けて帰ってきた時だわ。

1.JPG

もうっ お顔にドロがついたままじゃないの[ふらふら]
とにかく状況がわからなくて、とっても怖かったの。

2.JPG

病院の先生が、信頼関係が出来るまではゲージに入れておいた方が良いなんていうから
ひと月近く檻の中だったのよ。 こんな目にあって信頼できるわけないわよね。プンプン[どんっ(衝撃)]

それでもママちゃんに静かな声で 「リンちゃん ダイジョウブヨ」 って言われるとナンカ安心したの。

3.JPG

はじめて檻から出してもらった日よ。
でも、初めはこの和室と隣のダイニングだけしか出してもらえなかったの。
他の部屋が気になってしょうがなかったわ。
だって、他のネコの気配がしてたんだもの。 自由にさせてヨ~。

4.JPG

檻を卒業してから夜寝る時は、パパさんが和室にお布団を敷いて一緒に寝てくれたの。

5.jpg

それは3ヵ月位続いたわね。

だんだん寒くなってきた頃、やっとアタシはどこでも自由に歩き回れるようになったの。
ナントこの家には、オッサンネコがいたの。あ、オニイチャンって呼ばないといけなかった。
年が離れているから、あんまり一緒に遊ばないけど、お留守番で一人じゃないのはイイナ。

6.JPG

寒がりなママちゃんは、アタシ達まで寒いと思い込んでいてオコタの中に湯たんぽまで入れるのよ。

だから

7.JPG

とっても暑いわ~。

寝る時の毛布はお気に入り。 モフモフしてて赤ちゃんの頃を思い出しちゃうわ。 

9.JPG

庭のおさんぽは日課よ。 お天気だったら1日5回は行くわね。
パソコンでお仕事してるママちゃんに運動させるためなの。 けっこうアタシも気をつかってるのよ。

8.JPG

小さな虫を観察したり、庭に来るスズメを狙ったり、チョウチョを追い掛け回したりするのが好き。
砂場でゴロゴロするのも楽しいんだけど、ママちゃんは怒るからパパさんとのおさんぽの時だけにしてるの。

疲れたら、こうして庭を眺めてると、いつのまにか眠っちゃう。

10.JPG

パパさんとのふれあいが少ないんだけど、毎朝一緒に体重を量りっこしてるよ。
500グラムだったアタシも4キロ・・・・えーそんなはずないわよ。

パパさんは毎日カイシャに遊びに行っちゃうんだけど、帰ってきたら夜のおさんぽに連れて行ってくれる。
ナイトサファリみたいで楽しい。

振り返ってみると、最初はどうなることかとおもったけど、アタシは今まぁまぁ幸せデス。

アタシにちゅーしてくるのがウザイけど、何でも言いなりのパパさん
あれしちゃダメって口うるさいけど、いつも一緒にいてくれるママちゃん
ヒマつぶしでオヤジ狩りするのにピッタリなオニイチャン

(=^・^=) (=^・^=) (=^・^=)

ちょっとちょっと、みなさんチガイマス[exclamation]
誰かがアタシを語って変な事を書いてマス[exclamation×2]

アタシはとっても幸せです。パパさんもママちゃんも、オニイチャンも大好きだなんだよ[ハートたち(複数ハート)]

こんどはちゃんとアタシがブログを書くから、楽しみにしていてくださいネ[猫]

11.JPG

また、誰かが作為的にヘンな写真を選んでいます[ちっ(怒った顔)]

明日も良い一日になりますように[exclamation×2]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

思いつづければ いつかまた出会える [お道具屋のしごと]

こんにちは 翠雀です。

梅雨入りしましたが、昨日は真夏の暑さ。そして今日は強い風が吹いています。

今週は2つの道具市場へ行ってきました。
数年前に行っていた所なのですが、お稽古事と同じ曜日に当たっていたので
ずっと行けなかった市場です。

そこで久しぶりに会った先輩から、こんなカワイイ子をいただきました[わーい(嬉しい顔)]

指のり雀2.JPG

指のり雀3.JPG

指のり雀.JPG

手乗りならぬ指乗りスズメちゃん[ハートたち(複数ハート)]

お顔がよく写らなかったのですが、伏し目がちなとってもカワイイ子です。

先輩が扱った荷物の中から出てきたそうですが、スズメを見て私を思い出してくれたみたいです。
わーぃ ありがとうございます[exclamation]

「これ、いったい何でしょうね」 と聞くと

「何だかわからないけど、作った人も雀が好きだったんだと思うよ。それだけで面白い」 と先輩。

確かにそうです。
これはスズメ好きさんの遊び心だけで出来ているように思います。

今は、ノートパソコンで仕事のお手伝い。

スズメ.JPG

癒される~[ぴかぴか(新しい)]

好きなものをみんなに言っておくと、集まってくる傾向にあります。
もっともプレゼントしてくれるのはこの先輩くらいで、
市場においては、カモにされているのかもしれませんよ~[あせあせ(飛び散る汗)]

「スズメの掛け軸持ってきたよ」
などと声をかけられると、嬉しい反面、どのような状態でも買って帰らねば・・・となります。
私がスズメを買い続ければ、他の人は競らずに譲ってくれる傾向になり、
売る人もまたスズメちゃんを持ってきてくれるという循環を守る為です。

いつか、スズメちゃんばかりの展示会を開くのが夢なので、様々な道具になっているスズメを集めています。

前置きが長くなりましたが(えー 本題じゃなかったの[がく~(落胆した顔)]という声が聞こえる。。。)

その先輩が、スマホの写真を見せてくれて
「あそこにあるのと同じものだよ」
とある品物を指さしました。 確かにキズの具合も同じ同一の品物です。

何年も前に金額が折り合わず買わなかったものだそうです。
それからずっと手に入れたいと思い続けていたものと、また出会ったという訳です。
今回は無事に手に入れられて嬉しそうでした。

先輩いわく、欲しい物はずっと忘れなければいつかまた巡りあえるのだそうです。
想いが引き寄せるのかもしれませんね。

となると、私もある茶杓ともう一度会えるかもしれません。
市場で競り負けた夜は眠れない程後悔しました[たらーっ(汗)] あの時は資金力というより気持ちで負けてしまったのです。

ひんやりした風が吹いてきました。
お天気が崩れる前兆ですね。
雨降りの日は、雨なりの楽しさを見つけたいですね。

今日もお疲れさまでした。
明日も良い一日になりますように[exclamation] と、強く思っております。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

今が旬のイサキを捌く 何かとオトク好きな私 [魚を捌く 魚を食す]

こんにちは 翠雀です。

今日は夏のように暑い一日でした。
とはいえほぼ家の中で過ごしたのですが・・・ 外でお仕事の方は大変でしたね。

さて、最近は週2回は魚を捌いている私。
3枚におろすのも上達してきました。

今回はこれから旬を迎えるイサキです。

はじめまして~ の魚です。 450円。

イサキ.JPG

日本海から直送の魚屋さんで、試食を出して大アピールしていたので買ってみました。
魚屋さんでは皮を付けたまま炙り焼きにしていましたが、炙るバーナーが無いので普通にお刺身に。

イサキのお刺身.JPG

のこりの半身とアラは煮つけにしました。
今回やっと気づいたのです、半身ずつ調理すれば2品になることに[exclamation]

そして、このイサキには白子が入っていました。

イサキの白子.JPG

あまり白子を食べた事がないので、ホイル焼きで火を通しました。

イサキの白子 ホイル焼.JPG

バターと一緒にトースターで10分、そこへポン酢をひとたらし。
火が通っているのにトロっとした食感で、これはなかなか美味しいです。

丸魚1匹から3品出来たのですから、切り身を買うより断然オトクですね。
来週の料理教室が今から楽しみです。 もっと色々な事を教わりたいな[わーい(嬉しい顔)]

JAの直売所に野菜を買いに行きましたら、可愛い花束を見つけたので買ってきました。

切り花.JPG

一つの種類ずつ販売している事が多いのですが、これは色んなお花があって嬉しい[ぴかぴか(新しい)] プチプライスなのもありがたい。

切り花 値札.JPG

小さな器に小さく生けて、いろんな所に飾るのが好きです。

洗面所にはヒメアガバンサスだけあっさりと。 水が見えるように生けるたのが良かったと自画自賛。

洗面所の花.JPG

台所の窓辺には、黄色いキンセンカ、白いスターチス、ピンクのが虫取りナデシコ。

キッチンの花.JPG

虫取りナデシコって名前、初めて知りました。子供の頃から好きだった花で野の花みたいに道端に咲いていた花。
茎がペタペタするんですよね。

食卓用はいつも低めに生けます。 失礼して洗面所で生けながら撮影。

食卓の花.JPG

ブルーがキレイな千鳥草もサワヤカで良いですね。

シャボン草というのは、薄いピンクの小花が集まっている花ですが、甘い香りも石鹸みたいですが
茎や葉っぱをつぶして揉むと、アワアワしてくるのです。
サポニンっという成分があり、私はソープワートという名前で知っていました。
ハーブとして苗が売られているかもしれません。

一束から何か所も飾れて、これまたオトク。 

生産者さんが自由に花束にして値段を付けていますが、私にはいろんなミックス花束が嬉しいです。
庭の春の花が終わってしまった時季なので。

明日もお天気みたいなので梅雨の前にやる事を済ませておかなくては。

今日もお疲れさまでした。
明日も良い一日になりますように[exclamation]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

梅雨入りの前に 梅の実を収穫 [庭のこと]

こんにちは 翠雀です。

アジサイ.JPG

アジサイが咲きはじめ、関東でもそろそろ梅雨入りの話題が出てきました。

天気が良い日を狙って、実家の梅の実を収穫しました。

梅の実.JPG

脚立に乗っても届かない所は、棒でつついたりして何とか見つけた実は収穫できました。
およそ2キロ。
梅の実を一つ一つ点検していると、こんなカワイイ子がいました。

かたつむり.JPG

発見できて良かった~ アジサイの葉っぱにそっと移しました。

父が梅酒にしたいというので、8リットルの瓶に氷砂糖2キロ、日本酒を2升で漬けました。
焼酎やホワイトリカーで漬けるのが一般的ですが、私は日本酒で漬けるのが好きです。

出来上がったら少し分けてもらおう[るんるん]

自宅の庭には、ミニトマトとゴーヤとナスを植えているのですが、ナスを初収穫。

ナスの収穫.JPG

少し小さ目ですが、最初の実は早めに獲るのが良いようです。
すぐにぬか床に入れました。

石灯篭.JPG

石灯篭のバラバラ事件です[がく~(落胆した顔)]

傾いていてずっと気になっていた灯篭。 平らにしたかったのですが、とっても重いので先延ばしにしていました。
ネコちゃんのお散歩ルートにあり、万が一倒れたら危ないのでやっと重い腰をあげました(オットが)

すぐに組み立てる予定でしたが、ちょっと気になって作業中断。
というのも、謎のマークを見つけてしまったからです。

灯篭の謎.JPG

三乙 みたいなマークがありますよね。
何だと思いますか?

何となく、陰陽五行とか八卦とか風水とか、六角形の向き(方角)もどのようにすべきか気になってきました。
この手の知識ゼロなので、茶庭の本など読んでいるのですが答えが見つかりません。

どうしたものか~。
最終的には雰囲気で設置してしまうんだろうけど[あせあせ(飛び散る汗)]

雨が音をたてて降り始めました。
最近はシトシトとは降りませんね。 雨の降り方からも風情が失われてしまうのはちょっと残念。

運転する方は十分お気をつけて。
今日もお疲れさまでした。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

煙が目にシミル~ 鮎を焼いてみた [魚を捌く 魚を食す]

こんにちは 翠雀です。

本日からレッドブルエアレース千葉大会が開催されます。
昨日は練習する飛行音が我が家まで聞こえてきました。

明日の本戦はテレビでも中継されるそうなので、録画して見ようと思っています。(外出予定なので)

さて、幾度か記事を書いてまいりました【魚を捌くシリーズ】 いよいよ焼きでございます[exclamation]

市場内の包丁屋さんへ行きまして、金串を買ってきました。
長さや太さが様々な金串。 今回焼きたいものは穴子の開いたものと鮎の塩焼き。
そのどちらにも対応できる串を選んでいただきました。

デパートでは6本1000円で売っていたので、その位の値段なのかと思っていましたが
1本45円[目] えぇ~そんなものなの?? という感じですよね。 ひとまず5本買いました。

今回は使わないけど、骨抜き(毛抜きの親分)も購入。
挟む部分が斜めのと水平のとありましたが、
「プロは水平のを買って行くよ」
との言葉で私も水平に。
一つ一つ合わせ目を確認してくれて、一番良いのを選んでくれました。
「新潟で作っているから確かな物だよ。安いのはバネがすぐにダメになっちゃうからね」
800円には理由があるのですね~。早く使ってみたいな。

その前に、山椒焼となっていますので山椒の用意です。

実山椒は今が旬。 というより今しかありません。

実山椒.JPG

買うのはじめて~。
これを使って有馬山椒という山椒の佃煮を作ります。

実を軸からはずしていきます。

実山椒2.JPG

この作業、甘くみていましたが1時間以上かかりました[がく~(落胆した顔)]

実山椒3.JPG

軸が取れました。

2度ほど茹でこぼし、アク抜きします。
お醤油、お砂糖、みりんで煮つめたら有馬山椒の出来上がりです。

有馬山椒.JPG

山椒が220グラムあったので、たっぷり出来ました。 爽やかな辛みで香りも良いです。

前準備が一日がかりとなりましたが、いよいよ穴子です。

穴子.JPG

開いてあるのを買いました。
ネットで調べたら、関東は蒸してから焼くと出ていたので、串打ちしてから蒸してまずは白焼きしました。

そして、有馬山椒を少量入れたタレを作り、塗りながら焼き上げました。

穴子の山椒焼.JPG

身の方をもう少し焼き色を付けたかったな~。 でも初めてですからね。善しとしよう。

続いて鮎です。

鮎.JPG

養殖ですが、1匹180円とお手頃。 

金串が体の外に出ないやり方で串を打ちました。
尾びれを跳ね上げるのがコツみたい。

鮎の串打ち.JPG

先ほどの穴子も鮎も炭火で焼きました。
ちゃんとした焼き場もないままに、昔使っていたくん製器の鉄鍋を再利用して暗い庭で一人焼くワタシ。

鮎を焼く.JPG

穴子は大丈夫でしたが、鮎は脂が落ちるのか炭に落ちると煙がすごいのです[ふらふら]

モウモウと煙が出てしまって、私がくん製されてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

焼けた[exclamation]

鮎塩焼き.JPG

頭は食べてみませんでしたが、身はふっくらと美味しかったです。

調理法によるのか、煙が出る魚と出ない魚があるのか、どうなんでしょ。
また、魚を焼くのに必要な火力、火と魚の間合いなどもやってみてわかることです。

軽く火傷もしましたが、懲りずに今後も実験 経験を積んで少しでも上手になりたいです。

家族からは
キミってどこに向かっているのかわからないけど[左斜め下][右斜め上][右斜め下][左斜め上] なんかスゴイね
とビミョウな励まし[exclamation&question]

皆さま、良い週末をお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

竹に雀蒔絵 文台を紹介します [雀コレクション]

こんにちは 翠雀です。

毎月第2&第4週は予定が入ることが多く、なかなかブログの更新が出来ません。
記事にしたい事がいくつもあるので気持ちばかり焦っております[あせあせ(飛び散る汗)]

今日は私のスズメちゃんコレクションから、文台(ぶんだい・ふみだい)をご紹介します。

文台とはこういうものです。

文台.JPG

低い脚がついた小机という感じです。
使い方としては、歌会などでは硯箱をのせて歌を詠んだり、お香を焚く時に使ったり
現代で考えると、何とも優雅な使い方ですよね。

甲板と呼ぶ机の面に、大好きなスズメちゃんが飛んでいます。

文台2.JPG

文台のスズメ.JPG

スズメちゃんは盛りあがっている高蒔絵(たかまきえ)という技法になっています。
高蒔絵は平面的な平蒔絵よりずっと時間も労力もかかります。

作成依頼者さんのスズメ愛、職人さんの頑張りを感じられるお道具です。
おメメはガラス(時代を考えるとギヤマンと言うべきか)が使われています。

文台 スズメ3.JPG

文台 スズメ2.JPG

古来より雀には竹や稲穂が好相性となっていますので、竹や稲穂が描かれていると
スズメちゃんを探してしまいます。

この文台にも竹が

文台 竹.JPG

仕入れ先で手に入れた時は、心が躍りました[わーい(嬉しい顔)]

裏千家の稽古には唱和之式(しょうわのしき)という優雅な式がありまして、5人で行うのですが
一人一人が違う花を入れ、皆でお香を聞き、お茶をいただき、その後自分が入れた花にちなんだ歌を詠むというもの。

その際に文台を使いますので、いつかご披露できたら良いな~と思います。

最後に漆に関する展覧会情報です。青山の根津美術館で昨日から始まっています。

根津美術館 展覧会.jpg

これとは別に茶道具のテーマ展示もありますし、庭園も素敵だし、素敵なカフェもお手頃価格です。
庭園は梅雨入りする前が良いでしょうね。

みなさま、今日も良い一日をお過ごしくださいね。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

魚をさばくシリーズ 黒ソイ [魚を捌く 魚を食す]

こんにちは 翠雀です。

今回さばくのは 『黒ソイ』

私にとっては、名前を聞いた事あったかな~? という位のお魚です。
日本海沿岸の魚みたいですね。

はじめまして~ 650円とお手頃です。

黒ソイ.JPG

ウロコを引いて、頭とワタを取りました。

黒ソイ3.JPG

最近、ここまでは順調[わーい(嬉しい顔)]

三枚におろします。

黒ソイ2.JPG

まだまだ、骨側に身が残ってしまいます[ふらふら]

皮を引いてお刺身にしました。

黒ソイの刺身.JPG

海藻類を盛り付けた所が生長点です!
でも、全体の盛り付けや切り方は難あり[もうやだ~(悲しい顔)]

お刺身で使わなかった部分は潮汁にしました。

うしお汁.JPG

このお汁だけでお腹がいっぱいになってしまいます。

丸魚を買って良いところは、こういうオマケがある事ですね。
以前は鯛の頭やカマを買うことがありましたが、今の私は違います(笑)

珍しいものとして、佐渡の生こんぶを買いました。
1メートルもある昆布が5枚で100円!

佐渡の生コンブ.JPG

これも、お初にお目にかかります。

お醤油とお砂糖で煮てみたのですが、かなり塩気が残っていました。
後で調べたら(先に調べろってね・・) 生の昆布は塩抜きが必要みたいです。
塩漬けになっていなくても、昆布そのものに海水が浸み込んでいますものね。

これは改めてリベンジです。

お刺身ばかり食べていますので、焼き魚が食べたいな~ と思うこのごろです。
金串を買って、鮎の姿焼きなどやってみたいです。

金串は100円ショップでも売っているのでしょうが、包丁を買った市場のお店で相談してみよう。

今日は清々しい五月晴れです。

皆さまも良い週末をお過ごしくださいね。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -