So-net無料ブログ作成
検索選択

夏越の祓と水無月 [雑記]

こんにちは 翠雀です。

今日は6月30日 1年が半分過ぎました。

関東では(と決めつけておりますが)あまり馴染みがない、夏越の祓(なごしのはらい)の日です。
今までは偶然神社で見かける程度で、どのような神事なのか知りませんでした。

きっかけは、NHKBSプレミアムで放送された【京都人の密かな愉しみ】という番組です。
2015年放送の夏編に、この夏越の祓とか茅の輪くぐりの話題が出てきたのです。

半年のケガレを祓い、後半の半年の無事を祈るというような意味があるそうです。

お祓いするぞ と出掛けるのは初めて。
地元の鎮守となっている神社へ出かけました。

境内.JPG

夕暮れ時、明かりが灯りはじめた境内を進むと

茅の輪くぐり.JPG

茅の輪がありました[exclamation]

これをくぐるには作法があります。

左足から越えて左回り
右足から越えて右回り・・・など八の字にグルグルと。

そして唱える言葉も決まっています。

「水無月の夏越の祓する人は 千歳の命 延ぶというなり」

「蘇民将来 蘇民将来」

蘇民将来(そみんしょうらい)というのは日本神話に出てくる人です。
スサノオノミコトとのエピソードで、疫病をまぬがれた事からあやかっているようです。

境内には誰もいなくて、私の貸切り状態でした。
なので、2回やってしまいました[わーい(嬉しい顔)]

1回では祓いきれない程の悪いものが憑いている[がく~(落胆した顔)] という訳ではないですよ[あせあせ(飛び散る汗)]

帰ってから、これまた本日に食べるという水無月というお菓子を作りました。

6月になると和菓子屋さんでチラホラ見かけますが、これも30日に食べるものらしいです。

ういろう生地の上に小豆を乗せたお菓子は、氷に見立てているのです。
無病息災を祈るお菓子だそうです。

甘納豆は買ったものを使いました。

甘納豆.JPG

白玉粉、小麦粉、砂糖と水を混ぜたういろう生地を蒸して、甘納豆を乗せて更に蒸します。

蒸すと書きましたが、電子レンジで簡単に作りました。 全行程30分程で完成。

水無月.JPG

前回紹介したスズメのお皿に盛りました[ハートたち(複数ハート)]

明日から7月です。
後半戦もがんばりましょう[exclamation×2]

コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。