So-net無料ブログ作成

茶室開きをしました ① [自宅でお茶事]

こんにちは 翠雀です。

早いもので2月も終わりですね。

今月は母が入院して、実家を行ったり来たり[車(セダン)]している内に
あっという間に茶室開きの日になってしまいました。

早めに準備・・・わかっていたけど初めてなもので
間際になって足りないものが発覚したり、やっぱりバタバタしました[ふらふら]

自宅でお茶事をしてみようと思う方の為に、自分の反省会も兼ねて
記録しておこうと思います。
といいましても、今回のは我が家流のところが多々あります。
何回かに分けてお話しします。

まず決めること。

【お茶事のテーマ】

今回は茶室開きでした。
本格茶室ではありませんが自宅の8畳の和室でお茶を点てられるようにしたものです。
その部屋の使い始めという意味での茶室開きです。

【お客様を決める】

私のように不慣れな人は、2~3人のお客様が適当だと思います。
今回は3人のお客様をお招きしました。

【道具組を考える】

テーマに沿ったもので組合せを考えます。
といっても全てをマッチさせるのは難しいと思いますので、所々でも十分だと思います。
これは一番時間がかかる作業でした。
まずお軸を決めましょう。

【お料理を考える】

簡単であっても手作りの一品を用意すると話題も広がりますし
気持ちが伝わると思います。
全部用意しようと意気込まず、買ってきたものを取り入れるのが良いです。
ご飯とお汁、煮物椀が手作りできたら十分ですよ。

【部屋を整える】

お茶室だけでも良いですが、寄付き・待合っぽい場所があると尚良いです。
本席に入るワクワク感の為にも、是非がんぱってスペースを工夫してみましょう。
先生に聞いた話では、玄関のちょっとしたスペースを寄付きにしたお茶事に
行かれたことがあるとか。
『ご亭主の工夫に感心しました』
とおっしゃっていました。

【妥協を認める】

変な言葉ですが、出来ないことを頑張っても前に進みません。
本来はこうだけど、今回はコレでやってみようと思える事が大切です。
最初から完璧には出来ませんもの。

その代り、これは[exclamation]っていう見せ場を考えましょう。
お客様が『面白い、すごい、こんなの初めて』と感じてもらえる事があれば
それが印象に残ります。
私はお土産を用意する事にしました。

【タイムスケジュールを作る】

当日までの日別のものと、当日の細かい時間割を作りましょう。
実は私は頭の中で考えていて、紙にしなかったのが失敗でした。

お天気によっては出来なくなってしまう事もありますので
日別のものは余裕を持たせるのが大事です。
私は母の入退院で想定外に日にちが過ぎてしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]
大事に至らなかったので無事当日を迎えられました[わーい(嬉しい顔)] でも前日はほぼ徹夜で準備。

当日のスケジュールも大事です。
ダシを引く、ご飯を炊く、水を打つ、炭をおこす、お茶碗をぬるま湯に浸ける等々
全てのことを書き出します。
その中に、自分の仕度も入れましょうね。
私は着物を着る時間がなくなってしまいました~[がく~(落胆した顔)]

ざっとこんな感じです。
長くなりますので、それぞれの詳細は続編で書きますね。

準備の一つ、炭洗いをご紹介します。
電熱器もあるのですが、今回はちゃんと炭でやる事にしましたので
炭を洗わなくてはいけません。
お天気の日に外でやりました。

まず洗う前の炭。

茶道用炭.JPG

茶道用の寸法にカットされた炭です。周りには炭の粉がついていて持つと手が汚れます。
このまま火をつけると粉がハゼて畳や着物に穴が開いてしまいます。

今回使う分と予備を入れて、なるべく形の良いものを選びました。

炭を洗う.JPG

バケツに水を張り、タワシで周りの粉を落とすように洗います。
洗っている間に壊れてしまった炭はありませんでしたので、それほどソーっとやらなくても
大丈夫。
流水ですすいだらザルに並べて干しましょう。

炭を洗う2.JPG

今回は2日間外で干し、その後、当日までこのザルのまま室内で保管しました。

洗い終わった炭.JPG

これが真っ赤に燃えると菊の花のように見えるので菊炭とも呼ばれます。
美しい炭はそれだけでご馳走だなぁと感じます。
火持ちやヤニの少なさから、クヌギの木が良しとされています。

こどもの頃の先生は塩水で洗っていました。
なぜ塩水でされていたのか伺えば良かったなと、洗いながら思いました。

それにしても、お茶って優雅なイメージですが
裏方仕事がたっくさんあります[ふらふら]
洗い物したり、道具を箱から出したり、掃除したり
普段より手を酷使したのでガサガサになってしまったのでした[たらーっ(汗)]

続きは次回。

良い一日をお過ごしくださいね。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

世界一 おいしい お鮨屋さん [美味しいお店]

こんにちは 翠雀です。

世界一のお鮨.jpg

美味しそうでしょ。
これは私が毎日食べていたランチです[レストラン] 2010年~11年頃。

お鮨とお蕎麦のセットで800円。安いでしょ[exclamation×2]

とっても忙しい職場で時間が不規則で、不整脈になってしまったのは以前ブログに書きましたが
残業の少ない部署に異動させてもらい、お昼にきちんとランチをとれるようになって見つけたお店。

同じ職場のNちゃんと毎日のように食べに行きました。

そのお店はご主人と奥様がお二人でされていて、ご主人が握り奥様がぬか漬けとお蕎麦を作っていました。

私たちはお父さん、お母さんと呼び、お二人も娘のように接してくれました。
毎日行くものだから、メニューにない焼き魚や煮魚、時にはお肉料理を作ってくれてね。
お鮨のネタも通常より豪華なものだから、ランチ終了間際に行ったりして
のんびりおしゃべりしながら過ごしました。

その内に、お店を息子さんと代替わりする事になり、最後の営業日も一緒にいました。
花束をプレゼントして、職人姿のお父さんの記念写真を撮りました。

その日のお鮨。

世界一のお鮨2.jpg

お店には出なくなったけど、2階のご自宅でお昼ご飯を食べさせてもらったりしました。

お二人とも食べさせるのが大好きで、『美味しいか? おかわりしなね』っていつも言ってくれました。

その後私は会社を辞めて、会わない時間が過ぎました。

半年前、近くまで行ったので寄ってみたら、迎えのタクシーに乗り込むところ。
お母さんの体調が悪く、病院へ行くところでした。
久しぶりに会って、お父さんとお母さんが涙を流して喜んでくれたのを見たら
私も涙が出ちゃってね。

秋の頃、また近くを通ったので寄ろうかなと思ったのだけど、手土産がないのを気にして寄らなかったの。
また改めてって思ってた。

先日、お母さんからの電話でお父さんが亡くなったのを聞きました。
電話を切ってすぐにお鮨屋さんへ向かいました。

デパートでお香典の袋を買って、花屋さんへ寄って・・・・そんな事を考えるのも悲しくて
泣きながら玄関を出たら、庭の水仙が見えました。

そうだ、あの水仙を持って行こう。

庭の水仙.jpg

咲いているだけ摘み取りました。
お父さんもお母さんも、こういうのを喜んでくれる人だ。

そう考えたら、お香典も違うなって思った。
私とお父さんお母さんの間柄は、そんなんじゃない。

途中のデパートで、チョコレートの詰め合わせを買った。
色とりどりの小さなチョコレートが80個、キレイに並んだ箱に真っ赤なリボンを掛けてもらった。

お母さんが案内してくれた部屋に祭壇が設えてありました。

『遅くなってごめんね。これバレンタインのチョコよ』
そう言ってお父さんの写真を見て驚いた。

あの日の職人姿のお父さんだった。
私たちが撮った写真を、当時Nちゃんがプリントしてあげたものだった。

この写真使ってくれたんだ。

それからお母さんと色々な話をしました。
お父さんが私たちに会いたがっていたこと。 何度も電話しようとして、遠慮してしまったこと。

そんな遠慮なんかいらない関係だったはずなのに。

私も手ぶらで遊びに行けば良かったのに。
いつだって 『よく来たね、お腹すいてないか』 って迎えてくれるお父さんだったのに。

悔やんでも時間は戻らない。

お父さんは豪快で男気があって、そしてとても優しい人だった。
煙草を止められていたのに、隠れて吸っていた。

『煙草は靴の中に隠していたのよ。困った人』
お母さんはいくつかの悪さを、愛おしむように教えてくれた。

『お父さん、いい男だよね』 そう私が言うと

『 ・・・本当に楽しかった』 と小さく微笑んだ。


今も考えると涙が出るけど、もっと悲しんでいるお母さんに寄り添ってあげたいと思う。


そして、会いたい人に会いに行こう。

タグ:お鮨 水仙
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

節分です 今宵は素敵な彼と [お道具紹介]

こんにちは 翠雀です。

鬼は~ソト[exclamation] 福は~ウチ[exclamation×2] やってますか?

鬼は夜遅い時間にやってくるらしく、豆まきもその時間にすると効果的らしいですよ。

子供の頃、この豆まきがイヤでした[ふらふら]
なんだか恥ずかしくて、父が『もっと大きな声でやらないと鬼が逃げないよ』と言うのですが
こういう行事を無邪気にハシャゲナイ子供だったもので。。。

歳を重ねるほど楽しめるようになってきました。 多分ずうずうしくなったのだと思います[あせあせ(飛び散る汗)]

川崎大師で厄除け祈願したという豆を買いまして
枡に入れて・・・

エーィ と投げたのですが

我が家のオニさん、豆くらいではビクともせずに座り込んでしまいました。

節分.JPG

大きなおめ目にカワイイ角、良く見るとなかなか愛嬌があります[わーい(嬉しい顔)]

虎のパンツもオシャレさん。

履いてます 虎のパンツ.JPG

鬼は鬼門(丑寅の方角)に住んでいるので、牛の角と虎の牙、虎のパンツを履いているそうです。

こんなにカワイイ鬼さんなら追い出さないで今夜のディナーをご一緒に[ハートたち(複数ハート)]

恵方巻きもすっかり全国区になりましたが、私はパリっとした海苔が好きなので手巻き寿司を食べました。
南南東を忘れていて、お腹いっぱいだったのですが一つ追加で食べました。

さて、この鬼さんは香合(こうごう)です。
練り香という香料を丸めた玉を入れて茶室に持ち出します。

銘は追儺 (ついな) と付けられていました。

追儺 香合.JPG

追儺とは大晦日の宮中で行われていた鬼払いの行事で、現在の節分のルーツと言われています。
翌日が新年の為、邪鬼を払って良い年を迎えようとしたのでしょうね。

明日は立春
良い一年になりますように

今日もブログに来てくださってありがとうございました。




【アナタへの業務連絡】
ごめんね。
連絡待っています。


コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お寺のプラネタリウムに行ってきました [旅行・おでかけ]

こんにちは 翠雀です。

今日もブログに来てくださってありがとうございます[exclamation]

ちょっと不思議なプラネタリウムに行ってきました[わーい(嬉しい顔)]

なんとお寺の中にあるのです[目]

葛飾区にある證願寺(しょうがんじ)さんです。

證願寺.jpg

お寺の塀からして不思議感が出ています。
ネコ[猫]好きみたいですね。

こちらでは月に数回プラネタリウムをされていて、しかも定員が20名足らず。
完全予約制で月1度ホームページに予約フォームが現れるという
とっても狭き門なのです。

この度、幸運にも予約がとれて、念願のプラネタリウムへ行くことが出来ました。
写真撮影不可でしたので、HPをご紹介します⇒コチラ

1時間のプログラムで、今月はネコをテーマにという事で
ネコ大好きな私はとっても楽しめる内容でした[exclamation×2]

何より解説が素晴らしかったです。 男女お二人の掛け合いで進行するのですが
それがとっても面白いのです。
他ではマネ出来ない内容だと思いました。
皆さんにも是非体験して欲しいな~[ぴかぴか(新しい)]

帰りに立石という町を散策。
ここはセンベロの町で近年有名ですね。

センベロとは、千円でベロベロに酔えるっていうね[ビール]

初めて歩いたのですが、まだ明るい時間なのに行列ができているお店がいくつもありました。

中でも長い行列があったので、最後尾の方に『何に並んでいるのですか?』と尋ねると
スマホで画像を見せてくれました。

鶏の半身揚げっていうものです。 食べログで画像を見てね⇒コチラ

店先の大きなお鍋でジュウジュウ揚げています。
持ち帰りも出来るのかお店の人に聞いたら、『3時間後位になる』との事[がく~(落胆した顔)]
ビックリですね。

さすがに諦めて、散策再開。

京成立石の駅前には、アーケードの商店街が2筋ありまして
昭和の雰囲気満載のセンベロワールドが広がっていました。

お惣菜屋さんでメンチとレバカツを買って、モグモグ散歩。
とってもワクワクしてきまして、次は誰と来ようかな~と考えながらお店を下見。

こういう所は、やっぱりムー先輩かしら。
きっと面白がってくれると思います。
何を言っても怒らずに『お前さんバカだね~』と受け止めてくれる先輩とは味の好みも似ているし。
楽しみが出来ました。

以前の記事に書きましたが、私を悩ませていた習い事。
結論を出しました。
今回の事で、人の嫌な面をいろいろと見る事になりました。
私は離れる事にしたのですが、残った人達はご存じないんですよね・・・
私達は礼を尽くしたつもりですが。
今となっては是非に及ばずですけど、残念な最後でした。


お寺の境内には梅の花が咲いていました。

紅白梅.jpg

まだ寒い時に、百花にさきがけて咲く梅が大好きです。
今週は立春ですものね。

明るい気持ちで過ごしましょうね[わーい(嬉しい顔)]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー