So-net無料ブログ作成
検索選択

伝統の香り 杉箸 [お道具紹介]

こんにちは 翠雀です。

雨が降って、気温の低い一日でした。
子猫のリンちゃんが朝からクシャミをしていたので
病院の先生に電話で相談しました。

時々クシャミが出るだけで、鼻水や涙が出たりしなければ
すぐに病院に連れて来なくても大丈夫と言われ
ちょっとホッとして様子を見る事にしました。
いつも通り沢山食べて暴れまわっていますので大丈夫かな。

寝床にしている小箱に敷いているタオルにカイロをくるんであげました。
夕べ寒かったんだね、ごめんね。


さて今日はお箸のお話を。

利休箸.jpg

これは茶懐石で使うお箸で ‘利休箸’ と呼ばれるものです。
杉で出来ているので杉箸とか懐石箸とも呼ばれます。

特徴は両方が細くなっていること。 両細(りょうぼそ)とか両口とかいわれます。

割り箸に見えますが、最初から1本1本削り出されており
お客様にお出しする時は、巻いてある紙をはずし水に浸けた後
乾燥した布巾で水分を取った状態でお出しします。

利休さんはお客様を迎える日には、毎回吉野杉を小刀で削って
お箸を作ったとか。

両細になっているのは、片方は神様が使うからです。
自然の恵みを神様が召し上がり、人間がお相伴させていただくお箸でした。
ハレの日、ケの日が今よりハッキリしていた時代には
お箸もハレの箸、ケの箸が区別されていたそうですよ。
この箸はハレの箸。

さて、このお箸、いざ買おうと思うとデパートや茶道具屋さんでは
とっても高いんですよね。
そこでお道具屋 翠雀では大量仕入れの小分け販売により
お安く提供できるようになりました。
奈良県で生産されている杉の利休箸です。

出品中の商品はこちら

おっと、ついつい商売の話になってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

ここからが本題ですので、もう少しおつきあいください[わーい(嬉しい顔)]

このお箸の仕入れ先のご主人が

『先日この箸にクレームがつきましてね・・・』

どんなクレーム[exclamation&question] とお聞きしたら

『臭いっていうんですよ』

ワタシ思わず匂いを嗅いでしまいましたよ。

そのお客さんが持ってきたお箸をご主人が確認しても
特に異臭は感じなかったそう。

『杉の香りしかしませんけど・・・ って言ったら、エッこれ杉の匂いなの[exclamation&question]って』

という訳です。
杉の香りがわからなくて異臭と思ったお客さんだったんですね。
使ってみるとわかりますが、良い杉箸は香りが立ちますからね。

ご主人の話だと、最近は竹箸が使われることが多いそうです。
コンビニやお弁当屋さんのお箸が丸く削られたお箸だったりしませんか?
竹は成長が早い為、どんどん生産できて原価が安く抑えられるそうです。
竹箸には香りはありませんので、今回のような事が起こるのかもねと話ました。

お茶で使う黒文字(くろもじ)という菓子楊枝がありますが
これも濡らして使うと香りが良い黒文字の木で作られています。

杉も黒文字も、その香りが清潔感とか食欲増進などの効果があるとして
使われてきたものですが
慣れない人には異臭となってしまうのですね。

なんだか日本文化が心配になってしまうような出来事でした。

畳のイグサの香り、線香の香り、山椒などの薬味の香り

どれも私は大好きな香りなので、小さなお子さんたちにも
日本ならではの香りを楽しんで欲しいな~と思います。

ペットボトルの日本茶はほとんど香りがしませんので
抹茶で点てたお茶を『変な臭いがする』なんて言われる日が来ませんように。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一枚の版画から [うちのネコ]

こんにちは 翠雀です。

6月初めての更新となりました。
度々のぞいてくださったみなさまには申し訳ありませんでした。
いくつか変化があったりして、なかなか時間がとれませんでした。

先月の古物市場で仕入れたもの。

版画1.JPG

古い版画です。
こういうものはあまり扱わないのですが、この時は競りあった末に買い求めました。
割と高い値段になったので

『そんなに良いものなの?』

と周りの人に言われたのですが、どうして執着したのか自分でも良くわからなかったのです。

版画2.JPG

猫とスズメが描かれてはいますが、どちらもあまり可愛くない[あせあせ(飛び散る汗)]
赤い花も何の花なのかわからないし・・・
足元の子犬は比較的カワイイけど、全体としては???な絵なのです。

自宅で改めて見てみましたが、やっぱり 『どうして買ったのかな~』 でした。

数日後、所用で出掛けたホテルニューオータニのお庭で、ネコを見つけました。

ニューオータニのネコ.jpg

『おっ また白黒ネコだ』

あの版画が頭をよぎりました。


さらに数日後。
駅からの帰宅途中、どこかでネコが鳴いています。
周りを見回してみても姿が見えません。

私の前を歩いていた若いOLさんもキョロキョロ。
『ネコの声がしますね』
と二人で探してみましたが、見つからない。
OLさんは周りを気にしながら進んで行きました。

私は立ち止まりネコを探します。

歩道.JPG

地面の下から聴こえます。

膝まづいて金網に耳を寄せると、確かにこの中から鳴き声が[exclamation]

覗きこんでも暗くて見えません。

私は自宅に帰り、懐中電灯を持ってきました。
照らしてみても姿が見えません。
それでも鳴き声は時々聞こえてきます。

金網を上げて中を覗きたいのですが、これかなり重いのです。
通りがかりの男性に手伝ってもらい、やっと上げられました。

頭を入れてみると、ここは雨水を流す雨水溝でした。
水はほとんど流れていないけど、深さは1メートル程もありそうです。
懐中電灯で照らせる範囲にはネコの姿が見えません。
不思議フシギ 確かにここから聴こえるのに。。。

皆さんならどうしますか?

助けて~と(私には聞こえる)ネコの声。

もうこれは助けを呼ぶしかないと、消防へ電話しました。
『火事ですか? 救急ですか?』
やっぱりこう聞かれるんだな、などと思いながら
『どちらでもないのですが・・・・・』
と状況を説明。

ほどなくして4人の隊員さんがフル装備で来てくれました。

一番小柄な隊員さんが中に入りネコを探します。
すると、本線の溝ではなく、車道からの雨水を取り込む支線に発見。

救助しようとすると奥に逃げてしまうので
私は家からネコ缶を持って来ておびき寄せようとしましたが
興奮しているためか効果がありません。

隊長さんが車道側から棒で押し出す作戦を立て
私は再度家から竹竿を持ってきました。

そして格闘すること1時間あまり。

1匹の子猫が救助されたのでした。

優しい消防士さん.jpg

消防士さんが持っているキャリーに子猫がいます。

さて子猫。
消防署では救助した後は、野に放つだけとのこと。
こんなに苦労したのに、それではまた入り込んでしまったり、
事故にあったりしてしまうではありませんか。

というわけで

ダンボールのネコ.jpg

ん? シロクロ

獣医さんに健康診断(白血病の検査まで!)や予防接種をしていただき
すこぶる健康児である事が

イタズラ.JPG

イタズラ2.JPG

健康診断しなくても証明されていますが[あせあせ(飛び散る汗)]

生後1ヵ月 540グラム

不思議な縁により

名前を リンちゃん と名付けました。

時々ブログに登場すると思いますので、よろしくお願いします[猫]

イタタ.JPG

イタタタタ・・・

出品中の商品はこちら
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー