So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

出張買取り&レンタルのご案内

茶道具に限らず、収集品の整理、お引越しの際の不要品、お家[家]の解体時の道具処分など
お気軽にご相談ください[exclamation×2]

買取りの一例

茶道具(流派問わず) 茶碗、棗、釜、棚など
鉄瓶 錆びていても大丈夫です
漆器 贈答品なども
掛け軸 シミやヨゴレがあってもOK

古道具・雑貨・書画・タンス・着物類・古書等

出張費無料地域:船橋市、市川市、松戸市、柏市、習志野市、千葉市、八千代市、成田市、鎌ケ谷市、浦安市

その他の地域(千葉県全域)は交通費をご負担いただく場合がございます。
買取りの品物(量)にもよりますので、詳しくはご相談させていただきます。

また、レンタルもしております。
季節限定の茶道具、お茶会やお茶事の道具類のレンタルはいかがですか?
現在は千葉県内に限らせていただいております。

メールにてお気軽にお問合せ・ご相談ください[わーい(嬉しい顔)]
odoguya_suijaku@yahoo.co.jp

よろしくお願いいたします。

お道具屋 翠雀

千葉県公安委員会許可 第441170000674号
特定国際種事業届出 事業者番号:S-3-12-00242

お待ちしております.jpg
前の10件 | -

絶品! カシマシグルメ いすみ豚を食べる [旅行・おでかけ]

こんにちは 翠雀です。

親友達とのドライブの続きです。 前回のお話しは⇒コチラ

亀岩の洞窟を見学した後、太平洋側へ向かいました。

数日前からランチはどうするのか各自考えておこうね
と言っていたのに、私も含め誰も検索してなーい[ふらふら] というのもいつもの事です。

洞窟付近にはあまりお店が無さそうなので、小1時間移動して大原まで来ました。

目指すは源氏食堂。
こちらは数年前に孤独のグルメという番組で紹介された所で、一度来たかったお店です。
番組HPは⇒コチラ

孤独のグルメ.jpg

大原駅のすぐそばにお肉屋さん兼食堂がありました。

番組HPをチェックしなかったので、松重さんが召し上がっていた豚肉塩焼きを注文しそびれたのですが
こちらの3品を選びました。

源氏.JPG

ヒレカツ、ロースカツ、ポークソテーです。
ご飯とお味噌汁が付いて、1100円から1200円位。

一口食べた瞬間、「やわらかぁ~~い」 と感じました。

カツもサックリ柔らかです。

源氏 とんかつ.JPG

この画像より厚みがあって食べごたえ満点。

この3品の中ではポークソテーが一番美味しかった。 というより食べやすかったというのが正解かな。
アラフィフの私たちには、カツは1皿で良かったのです。

大満足で店を後にして1分後。

また見つけてしまいました[目]

昭和堂 大原.JPG

ガラスの奥に色とりどりのケーキが並んでいるのが運転席から見えました[わーい(嬉しい顔)]
瞬間、胃に新たなスペースが(笑)

昭和堂 ケーキ2.JPG

キレ~イなケーキが沢山です[ハートたち(複数ハート)]

昭和堂 ケーキ.JPG

「今日は暑いし、何時に帰宅できるかわからないからお土産には出来ないね」
などと話していると

「向い側のお休み処でコーヒーと一緒に食べられますよ」
とお店の方が教えてくれたので

これを

ケーキ4.JPG

持ち込み仕様にしてもらい

ケーキ3.JPG

アイスコーヒーと一緒にいただきました[わーい(嬉しい顔)]

ジュリエット ケーキ.JPG

ありがたいシステムです[exclamation]
ごちそうさまでした。

ケーキ屋さんは昭和堂さんです。 バタークリームのレトロケーキかなぁと思いきや、とってもオシャレなケーキばかりでした。
そしてお値段も控え目で嬉しかったです。

この後、漁港まで行ってみたのですが、朝市は終了していて風が強くて、帰途につきました。

それにしても、女3人で姦しい(かしましい)とは良くいったものです。
学生時代からの友人は良いものですね。

最後の記事は、買い食いの記録です。

暑い日が続きますが、お元気にお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

古物商になって丸5年が過ぎました [お道具屋のしごと]

こんにちは 翠雀です。

房総ドライブの話題の途中ですが、1回他の記事をはさみます。

翠雀が古物商の許可を受けてから丸5年が過ぎました。

古物商の存在すら知らなかった私に、申請手続きから初めての市場デビュー、ヤフオクの出品の仕方、蚤の市のお手伝いまで面倒をみてくださった先生にこの場を借りて感謝申し上げます[ぴかぴか(新しい)]

ずっとお勤め仕事をしながらだったので、本腰を入れ始めたのはごく最近です。
それに伴って、市場へ仕入れに行く回数も増えてきました。
今は毎週2日程度出かけています。

古物商の申請の際、私の父から言われたことは

「どのような仕事をしてもかまわないが、それが世の中から必要とされるように心がけること」

そういわれた時に思い出したのは、ずっと以前に読んだ小説でした。


全一冊 小説 蒲生氏郷 (集英社文庫)

全一冊 小説 蒲生氏郷 (集英社文庫)

  • 作者: 童門 冬二
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/12/01
  • メディア: 文庫



タイトルは戦国武将の蒲生氏郷となっていますが、本当の主人公は近江商人です。
ある商人が天秤棒で行商に出る所から始まり、江戸の日本橋に大きな店を出すまでの物語です。

始めはなかなか上手くいかなかった商いですが、様々な事に気づき、商売人としての階段を登って行く過程に当時感銘を受けました。

近江商人というと、【三方よし】という考え方があります。
売り手よし、買い手よし、世間よし

売り手の都合だけで商いをするのではなく、買い手も満足し、地域の発展などにも貢献するというものです。

ネット販売だと対面とは違う難しさがあるのですが、出品するお道具はしっかりと検品しています。
特に茶碗はお湯を入れなければわからない臭いだとか水漏れがあります。
一度お湯につけたら、完全に乾くまで数週間を要しますのでその間販売できません。
このような検品方法をとらない業者も多いと思いますが、私なりの【誠実な商い】の一環です。

最近、市場で品物が無くなる(競りにかけられる前に万引きされる)という事がありました。
残念ながら、こういう事は珍しくはありません。 翠雀も競り落とした茶入れの象牙の蓋だけ盗まれてしまった事があります。

ただ、そういう事をする人は私の知らない誰かであったはずなのです。
なのにです、良く知る人が疑わしいということを聞いてショックを受けています。

「いったい誰が信用できる人なのですか?」
と先輩にグチをこぼしたら

「・・・とにかく、やられても自分はしない事。それしかないよ」 と。

ズル賢い人もいる烏合の衆の集りが市場なのかもしれません[がく~(落胆した顔)]

八重桔梗 白.JPG

雨の中、真っ白な花を咲かせた八重のキキョウです。

私も染まることなく、アップアップしながらも泳いでいきたいと思います。

まだまだヒヨッコですが、次の5年に向けて気持ちを引き締めて頑張ります[exclamation×2]


茅の輪くぐり.JPG

おまけの画像ですが、半年のケガレを祓う【夏越の祓え】をしてきました。

皆様のケガレも祓ってくれるようにお願いいたしました[わーい(嬉しい顔)]

大雨の被害が出始めています。
とにかく無事でいてください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一面・新世界 CMで話題になったあの場所へ [旅行・おでかけ]

こんにちは 翠雀です。

親友を駅前のショッピングモールまで迎えに行き、本屋で立ち読みをしているのを発見。

「何読んでるの?」

「この雑誌って私たち世代かなぁ」

久しぶりなのに、ごく普通の会話から始められるところが嬉しい[わーい(嬉しい顔)]

翌日は、もう一人の親友も合流して、房総方面に出かけました[車(セダン)]

目指すはCMで全国区となった場所。



このCM、私は北川景子さんと青い鳥に目を奪われていて始めと終わりに出てくる場所は印象になく[あせあせ(飛び散る汗)]
この記事をUPする為に改めて動画を見て、「ここに行ったのか」 と思ったほどです。

ちなみに青い鳥はオオルリです。 貝合わせの記事でも登場しましたが青い羽が美しいですね[わーい(嬉しい顔)]

亀岩の洞窟.JPG

私たちの常ですが下調べが甘いので、入口の案内板であーでもないこーでもないと進路を確認。

森林浴を楽しみながら4~5分進みます。

亀岩の洞窟3.JPG

川がUの字にヘアピンカーブしている所が終点。
10メートル位下に川面が見えました。

亀岩の洞窟4.JPG

洞窟ってあれかな?

下に降りて行くと

亀岩の洞窟4-2.JPG

亀岩の洞窟5.JPG

CMと同じです。 これが亀岩の洞窟です。
千葉県民にも知られていなかった場所ですから、私たち3人にとっても一面新世界。

亀岩の洞窟6.JPG

早朝の朝日が差し込む時間だと、日差しが水面に映ってハート型[黒ハート]になるそうな。

亀岩の洞窟2.jpg

今回は梅雨明けが早すぎたせいか、水量も少ないように感じました。

岩には名前が付いています。

亀岩の洞窟7.JPG

ヘアピンカーブの反対側の渓流にもハートが現れるそうで、探してみました。

農溝の滝方面.JPG

よ~く見ると   これかな?

ハート.JPG

水量があると、この窪みの色が濃くなってハートに見えるのだそうです。

帰り道は八つ橋みたいな遊歩道をユルユルと歩きました。

八橋.JPG

夜は蛍が飛ぶそうで、それも素敵でしょうね。
田舎育ちなのに、蛍をあまり見た事がない私。 今からでも見られる所ってどこでしょう?

次の記事はお待ちかねのランチです。

今日も暑くなりそうです。
皆さま、良い一日をお過ごしください[ぴかぴか(新しい)]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

親友の滞在 しつらいを考える [お道具紹介]

こんにちは 翠雀です。

関西に引っ越して3年の親友が久しぶりに千葉へ帰ってきました。
ご実家や都内のホテルに滞在し、我が家にも2泊してくれるとの事で、少し前から部屋のしつらいを考えていました。

梅雨時に合うものをアレコレと。

なのに、突然の梅雨明け~[晴れ]
6月なのに夏が来るってウソでしょ[がく~(落胆した顔)] ですよね。

直前に夏のしつらいに変更。

床の間.JPG

掛け軸の足元の箱は囲碁板です。 普段からここに置いているのですが、重くて動かすのが大変なのでこのままになりました。。。

白黒ネコ.JPG

朝顔とリンちゃんに似たネコが蝶々を狙っている図。

白黒ネコ2.JPG

ちょっとネコちゃんに愛らしさが足りないのが気になりますが・・・[あせあせ(飛び散る汗)]

スタンドの灯りだけにしたら

床の間2.JPG

ちょっとマイルドになるかな~ なんて。

更に涼を呼び込む飾りうちわ。

うちわ 透かし.JPG

先日の記事で紹介した、京都・阿以波製の両面透かしのうちわです ⇒ 記事はコチラ

うちわの骨にトンボとススキが貼られています。

ライトを当てたら、影絵遊びも出来ました(笑)

うちわ 透かし2.JPG

親友の反応を考えながら、道具を選んでいる時間が楽しいです。

部屋の隅には、乱れ箱を置きました。
旅館で浴衣などが置いてある浅い蓋のない箱です。

タオルなどをセットして、お迎えの準備完了です。

親友のリクエストで、房総方面にドライブに行きました。
その様子は次の記事でご紹介します。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

平安の雅 貝合わせでお姫様気分 [お茶会・お茶事]

こんにちは 翠雀です。

今日は朝からお日様が出て、暑くなるようです。
今週末は友人が泊まりにくるので、お布団を干しました。

さて、いつも良い刺激をもらえるお茶友と、楽しみにしていたお茶会に行ってきました。
車で1時間ほどにあるお茶の先生のお宅なのですが、大きなお屋敷で手入れの行き届いた広い露地、意匠をこらしたお茶室がいくつもある素敵なところです。

月釜(つきがま)というのですが、定期的にお茶会が開かれていまして、私も3回目の参加となりました。
表千家、裏千家の先生がお一人ずつお茶席を設けるので、それぞれの趣向を楽しめます。

今回もどちらのお茶席もとっても素敵でした[ぴかぴか(新しい)]
それぞれのお道具は単体でも素晴らしいのですが、道具組によって最大限の効果を発揮していました。
お席のテーマ、季節感、年中行事、外の景色さえも取り入れた先生方の創意工夫が大いに勉強になりました。

そして、初体験となる【貝合わせ】

ハマグリ貝の内側に絵が描かれていて、トランプの神経衰弱ゲームみたいなのを想像していましたが・・・

お部屋に入ると、真ん中に沢山の貝が同心円状に(弓道の的みたいに)キレイに並べられていました。
中心は12個、次は19個というように7個ずつ増えて行き4重だと90枚。多分その位あったと思います。

その周りに参加者がグルリと囲んで座り、先生が貝桶から1枚の貝を取り出して絵を伏せて中央に置きます。
貝の模様でペアを探すのですが、カルタと違って早く見つけた人が勝ちではなく、一人ずつ順番に取り組みます。

これかな? と思うのを中央の貝に並べ確認。
並べてみて違っていたら

「ごめんあそばせ」

と言って選び直します。

見つかったら左手の上で貝を重ね、ピッタリか確認してから皆さんに向けて開きます。
絵が揃っていたら

「お見事でございます~」

と皆さんから言ってもらえます[わーい(嬉しい顔)]

自力で見つけられない時は

「お助けください」

と言うと、皆さんが一緒に探してくれるという、何とも優雅なやり取り[ぴかぴか(新しい)]

一つ一つ絵が違い、まったく同じ絵の場合もあるし、呼応した絵でペアの場合もあって見るのも楽しい[exclamation] お花だったり、平安人だったり。

一緒に行ったお茶友の絵は、金魚ちゃんでした。
行きの車の中で、金魚の話で盛り上がっていたので
「金魚だ~」
と二人でビックリ[わーい(嬉しい顔)]

そして翠雀の番に。
「お見事でございます~」
のお声をいただき、ホッとして絵を見ると青い小鳥。

先生が
「オオルリですよ。瑠璃雀とも京女とも呼ばれます」
と教えてくださいました。 私は千葉オンナですけどね。

小鳥好きなのを知っているお茶友が、翠雀さんにピッタリねと。
私もキレイな雀ちゃんをゲットできて嬉しかったです。
好きな気持ちが引き寄せるのかなぁ とちょっと不思議体験。

貝合わせは本来は貝覆いという呼び方であったそうです。
千年前から貴族のお姫様のお道具で、最も重要なお嫁入り道具でもあったとか。
女の子が生まれた時から作りはじめる事もあるそうで、360対がワンセット。
二つの貝桶に納められます。
市場では貝桶だけは良く見るのですが、貝は入っていないのですよね。

ちなみにオオルリとはこんなにキレイな鳥です。

オオルリ.jpg

そして瑠璃雀という名前の香合を持っています。似ているかな?

瑠璃雀.JPG

これは形物香合番付にも載っている古くからある形です。

貝は香合としても使われます。

貝香合.JPG

右上のは本物のハマグリに蒔絵が施されたもの。
内側には桜が描かれています。

貝香合2.JPG

手前のは焼きものです。
菊置上(きくおきあげ)という技法をかたどっています。


貝香合3.JPG

良く見ると、模様が同じなのですよね。
今まで意識して見る事がなかったので、妙に感心してしまいました。
そしてピッタリ合うと 「カチッ」 と音がなりました。

自分の番を待つ
相手を見守る
謝る
手助けを請う
褒める

人づきあいで大切な事がお遊びの中に盛り込まれていました。
自分の意思で人生を決められなかったお姫様は、優雅な遊びの中で身につけていったのかもしれませんね。

良い機会をいただき、感謝感謝の一日でした。

今日も良い一日をお過ごしください[わーい(嬉しい顔)]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

一筆箋にお道具愛を添えて [お道具屋のしごと]

こんにちは 翠雀です。

梅雨の晴れ間が広がって、気持ちの良い朝です。

ミニバラが一斉に咲きました。

ミニバラ.JPG

春に植えてから、2度目の開花です。 ミニバラは四季咲きが多いようですので、この先も楽しみです。

庭の唯一の木である桑には沢山の実が成っています。

桑の実.JPG

明るくなると小鳥たちが羽音を立てながらついばんでいます。
私も鳥の食べ残しを毎日少しずつつまんでいます。

桑の実2.JPG

甘くて美味しいですよ。

宗旦むくげが今年初めての花を咲かせました。

宗旦ムクゲ.JPG

挿し木から育てて、先日鉢から庭に植え替えましたが、無事に根付いたみたいです。

もう庭に雑草が茂ってしまい、週末は草刈り機の出番です。
その前に庭の点検。

思わぬところから思わぬ植物が芽をだしている事があるからです。

ルピナス.JPG

春に植えたルピナスに大きな種ができまして、それは大きな枝豆みたいな感じなのですが
いつの間にか弾けて飛んでいるのです。

ルピナスから2メートル位離れた草むらから芽を出していました。
花壇に連れ戻さねばなりません。

さて、本題の一筆箋。
すっかりメールの時代になりましたので、手紙を書く事って減りましたよね。
手紙だけでなく、文字を書く事じたい減っているように思います。

時々申請書とか申込書とか手書きする時に、自分の字がヘタになっていてビックリする事があります。
漢字も忘れてしまうし・・・[ふらふら]

そんな私が字を書く機会は、お道具を発送する時に同封しているお手紙です。
手紙という程のものではなく、ご挨拶程度ですが必ず添えるようにしています。

P6223872.JPG

100円ショップのものですが、色々と取り揃えています。
お買い上げのお礼とお道具について一言書いて、封筒に入れるようにしています。

そんな事を仕事仲間に話しましたら、
「その労力が次につながるの?」 と。

まぁ、今のところリピーターさんはいませんので次につながっているかというと否ですね。

自己満足かもしれませんが、私がお道具にしてあげられる最後の事ですからね。
お嫁に出す親の気分で、嫁ぎ先で大事にしてもらえるように、その為に大事に送り出したいのです。

日めくり格言集みたいなのを昔もらいまして、最近朝めくるようになったのですが

日めくり.JPG

ね、お道具にもきっと心があるのです。

今日もお買い上げありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]

良い週末をお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

うちわ 使っていますか? [お道具紹介]

こんにちは 翠雀です。

昨日は夏至、昼間の時間が一年で最も長い日でした。

梅雨寒という言葉もあるので、夏に至るといわれても夏の実感はまだまだですが暑い日もありますね。

先日の市場では、室内が暑くて午後はグッタリ[ふらふら] エアコンなどという素敵なものはありませんのよ。
スタッフの方にうちわを所望しましたら、みなさんに配ってくれました。
一斉にパタパタあおぎだしたので、おかしくなって笑ってしまいました。白い蝶がヒラヒラ飛んでいるみたいでした。

その時仕入れたお道具の中に、京うちわがありましたのでご紹介します。

京うちわ.JPG

京都の老舗・阿以波(あいば)製のうちわです。
片透かしといって、片面に透かし模様が入っています。 両面透かしになると、実用というより飾りうちわになりますね。

青かえでが涼しげで素敵です。

そこにこのようなリーフレットが入っていました。

うちわ 画賛.JPG

印刷ですが、表千家13代の即中斎宗匠の和歌が添えられています。

    つかわれて 骨は折れても腹立つな うちわとなれば 他人ではなし

江戸の狂歌に似たような歌があるようなので、本歌取りかしら・・・?

ともあれ、なんだか団扇が健気に思えてきました。 優しく扱いたいですね。

うちわや扇子を使う時、いつも父の小言が頭をよぎります。
「そんなにパタパタせわしなくあおぐんじゃない! 見ている方が暑苦しくなる!」

なので、つとめて静かにゆっくりとあおぐように心がけています。

生活の中に取り入れたいものをもう一つご紹介します。

蚊遣り.jpg

先日伺ったお茶席に置かれていた蚊遣りです。
陶器製で中に蚊取り線香が焚かれていて、風情があって素敵でした。

こういうのがあると、夏が楽しみになります。

今年は蚊帳を吊ってみようかしら。 実家でデッドストックになっていた蚊帳をもらって来たのです。
しつけ糸が付いたまま、ホントのストック品です。
吊れたらまたご紹介しますね。

今日も良い一日をお過ごしください。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

魚を捌く イワシで作る翁鮨 [魚を捌く 魚を食す]

こんにちは 翠雀です。

梅雨ですね。 湿度が高くて何もかもがジメジメしています。

雨が上がると洗濯したり、窓を開けて換気をしたり。

スズメちゃんも雨上がりには

羽を干す雀.JPG

羽を広げて乾かすのですね、こんな姿もカワイイ[ハートたち(複数ハート)]

さて、梅雨時の食べものといえば何を思い浮かべますか?

今回挑戦したのはこちら。 1匹90円でした。

入梅鰯.JPG

入梅鰯とか梅雨鰯、関西では金太郎などと呼ばれるそうですね。
旬を迎えた鰯を使って、翁鮨(おきなずし)を作りました。

手開きでも良いと思いますが、見た目を重視して3枚おろしにしました。
塩をした後、酢で軽くしめます。

鰯の酢〆.JPG

皮を剥いた状態です。
銀色に旨み成分があるとの事なので、銀色を残すように丁寧にむきます。
銀色の下には白く脂がのっています。

とろろとガリ.JPG

とろろ昆布とショウガの甘酢漬けを千切りにしたものを用意します。
ショウガは市場の先輩が育てたものをいただいたので、甘酢に漬けておいたものです。

巻き簾の上にラップを敷いて、とろろ昆布、鰯、ショウガ、酢飯の順に重ねて形を整えます。

翁鮨2.JPG

翁鮨3.JPG

30分位なじませて、ラップごとカットしたら完成。

翁鮨4.JPG

一口サイズのお鮨です。
とろろ昆布を白髭に見立てて翁です。 長寿のお祝いの席などに良いですよね。
一本だけ作って、残りの鰯はお刺身としていただきました。

鰯と一緒に買ったものは

新潟の鮭.JPG

佐渡で養殖されているようです。 鮮度も良く、何と言っても安心。
家族が輸入の鮭に抵抗があり、日本の鮭にして欲しいと言うので、我が家では鮭の登場は季節限定です。 この時季にも食べられて嬉しいです。

もう一つ、はじめまして~のエビちゃん。

ガサエビ.JPG

ガサエビというそうです。
これも日本海側で、しかも少量しか獲れない幻のエビだそうで、それを聞いたら即買い~[わーい(嬉しい顔)]

帰宅してすぐに試食。

ガサエビ2.JPG

甘エビより車エビに近い食感。 そして甘くて美味し~い。
カニエビ貝類大好き[黒ハート]

大き目のを生でいただき、頭と小さ目のエビは軽く粉をはたいて揚げました。

頭もぜんぜん固くなくて、生と甲乙付けがたい位美味しいです。

糖質を気にして、手巻き寿司をずっと我慢してきましたが
3年振り位に手巻きをお腹いっぱい食べてしまいました。

海苔と酢飯の組合せって罪です[あせあせ(飛び散る汗)]

この記事を書いていたら、また食べたくなってきました。
鰯もぜんぜん臭みもなかったので、つみれ汁など挑戦してみたいです。

ライン.jpg

大阪を中心とした地震により、大きな不安の中で過ごしている方が沢山いらっしゃると思います。
非日常の中にいながら、いつも通りの仕事をこなさなくてはならない方もいらっしゃるでしょう。

私自身の経験から言葉を探しても、当時の事を思い出して涙がにじむだけです。
自分が思う以上にショックを受けていることがあります。

自分の心を真綿でくるむような時間が作れますように。

P6203842.JPG
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

リンちゃんより [うちのネコ]

こんにちは リンちゃんです[猫]

今日はアタシがブログを書くからヨロシクお願いシマス。
どうしてかっていうと、アタシがこの家に来てちょうど2ねんがたったからなの。

その時のことはママちゃんがブログに書いているから、おひまな時に読んでね⇒当時の記事へ

‘ママちゃん’っていうのは、アタシを生んだママネコと区別しているらしいの。そう呼べっていうんだもの。

この写真は救出された次の日。病院で健康診断を受けて帰ってきた時だわ。

1.JPG

もうっ お顔にドロがついたままじゃないの[ふらふら]
とにかく状況がわからなくて、とっても怖かったの。

2.JPG

病院の先生が、信頼関係が出来るまではゲージに入れておいた方が良いなんていうから
ひと月近く檻の中だったのよ。 こんな目にあって信頼できるわけないわよね。プンプン[どんっ(衝撃)]

それでもママちゃんに静かな声で 「リンちゃん ダイジョウブヨ」 って言われるとナンカ安心したの。

3.JPG

はじめて檻から出してもらった日よ。
でも、初めはこの和室と隣のダイニングだけしか出してもらえなかったの。
他の部屋が気になってしょうがなかったわ。
だって、他のネコの気配がしてたんだもの。 自由にさせてヨ~。

4.JPG

檻を卒業してから夜寝る時は、パパさんが和室にお布団を敷いて一緒に寝てくれたの。

5.jpg

それは3ヵ月位続いたわね。

だんだん寒くなってきた頃、やっとアタシはどこでも自由に歩き回れるようになったの。
ナントこの家には、オッサンネコがいたの。あ、オニイチャンって呼ばないといけなかった。
年が離れているから、あんまり一緒に遊ばないけど、お留守番で一人じゃないのはイイナ。

6.JPG

寒がりなママちゃんは、アタシ達まで寒いと思い込んでいてオコタの中に湯たんぽまで入れるのよ。

だから

7.JPG

とっても暑いわ~。

寝る時の毛布はお気に入り。 モフモフしてて赤ちゃんの頃を思い出しちゃうわ。 

9.JPG

庭のおさんぽは日課よ。 お天気だったら1日5回は行くわね。
パソコンでお仕事してるママちゃんに運動させるためなの。 けっこうアタシも気をつかってるのよ。

8.JPG

小さな虫を観察したり、庭に来るスズメを狙ったり、チョウチョを追い掛け回したりするのが好き。
砂場でゴロゴロするのも楽しいんだけど、ママちゃんは怒るからパパさんとのおさんぽの時だけにしてるの。

疲れたら、こうして庭を眺めてると、いつのまにか眠っちゃう。

10.JPG

パパさんとのふれあいが少ないんだけど、毎朝一緒に体重を量りっこしてるよ。
500グラムだったアタシも4キロ・・・・えーそんなはずないわよ。

パパさんは毎日カイシャに遊びに行っちゃうんだけど、帰ってきたら夜のおさんぽに連れて行ってくれる。
ナイトサファリみたいで楽しい。

振り返ってみると、最初はどうなることかとおもったけど、アタシは今まぁまぁ幸せデス。

アタシにちゅーしてくるのがウザイけど、何でも言いなりのパパさん
あれしちゃダメって口うるさいけど、いつも一緒にいてくれるママちゃん
ヒマつぶしでオヤジ狩りするのにピッタリなオニイチャン

(=^・^=) (=^・^=) (=^・^=)

ちょっとちょっと、みなさんチガイマス[exclamation]
誰かがアタシを語って変な事を書いてマス[exclamation×2]

アタシはとっても幸せです。パパさんもママちゃんも、オニイチャンも大好きだなんだよ[ハートたち(複数ハート)]

こんどはちゃんとアタシがブログを書くから、楽しみにしていてくださいネ[猫]

11.JPG

また、誰かが作為的にヘンな写真を選んでいます[ちっ(怒った顔)]

明日も良い一日になりますように[exclamation×2]
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

思いつづければ いつかまた出会える [お道具屋のしごと]

こんにちは 翠雀です。

梅雨入りしましたが、昨日は真夏の暑さ。そして今日は強い風が吹いています。

今週は2つの道具市場へ行ってきました。
数年前に行っていた所なのですが、お稽古事と同じ曜日に当たっていたので
ずっと行けなかった市場です。

そこで久しぶりに会った先輩から、こんなカワイイ子をいただきました[わーい(嬉しい顔)]

指のり雀2.JPG

指のり雀3.JPG

指のり雀.JPG

手乗りならぬ指乗りスズメちゃん[ハートたち(複数ハート)]

お顔がよく写らなかったのですが、伏し目がちなとってもカワイイ子です。

先輩が扱った荷物の中から出てきたそうですが、スズメを見て私を思い出してくれたみたいです。
わーぃ ありがとうございます[exclamation]

「これ、いったい何でしょうね」 と聞くと

「何だかわからないけど、作った人も雀が好きだったんだと思うよ。それだけで面白い」 と先輩。

確かにそうです。
これはスズメ好きさんの遊び心だけで出来ているように思います。

今は、ノートパソコンで仕事のお手伝い。

スズメ.JPG

癒される~[ぴかぴか(新しい)]

好きなものをみんなに言っておくと、集まってくる傾向にあります。
もっともプレゼントしてくれるのはこの先輩くらいで、
市場においては、カモにされているのかもしれませんよ~[あせあせ(飛び散る汗)]

「スズメの掛け軸持ってきたよ」
などと声をかけられると、嬉しい反面、どのような状態でも買って帰らねば・・・となります。
私がスズメを買い続ければ、他の人は競らずに譲ってくれる傾向になり、
売る人もまたスズメちゃんを持ってきてくれるという循環を守る為です。

いつか、スズメちゃんばかりの展示会を開くのが夢なので、様々な道具になっているスズメを集めています。

前置きが長くなりましたが(えー 本題じゃなかったの[がく~(落胆した顔)]という声が聞こえる。。。)

その先輩が、スマホの写真を見せてくれて
「あそこにあるのと同じものだよ」
とある品物を指さしました。 確かにキズの具合も同じ同一の品物です。

何年も前に金額が折り合わず買わなかったものだそうです。
それからずっと手に入れたいと思い続けていたものと、また出会ったという訳です。
今回は無事に手に入れられて嬉しそうでした。

先輩いわく、欲しい物はずっと忘れなければいつかまた巡りあえるのだそうです。
想いが引き寄せるのかもしれませんね。

となると、私もある茶杓ともう一度会えるかもしれません。
市場で競り負けた夜は眠れない程後悔しました[たらーっ(汗)] あの時は資金力というより気持ちで負けてしまったのです。

ひんやりした風が吹いてきました。
お天気が崩れる前兆ですね。
雨降りの日は、雨なりの楽しさを見つけたいですね。

今日もお疲れさまでした。
明日も良い一日になりますように[exclamation] と、強く思っております。
コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー
前の10件 | -